So-net無料ブログ作成

5/13. オックスフォード観光(1日目)。 [Trip to UK 2015]

この日はロンドンのホテルに大きな荷物を預け、小さなバッグ1つでパディントン駅からオックスフォードに向かいました。前回訪れた時は新米刑事モースオンリーで観光したのですが、その後ルイス警部ファンになって興味の幅が広がったので、今回は1泊してじっくりオックスフォードを観光しよう!と思ったためです。

前回買った地図にロケ地を赤丸で書き込んでいったら、真っ赤っかになってしまったため(汗)、極力無駄な動きをはぶくようにしました。以下、前半は最寄駅からB&Bへとたどった順に写真を載せていきます。ちなみにオックスフォードの駅前は大規模な工事が進行中でした。再開発なのかな?この日は1日通じて快晴で、青空をバックにいい写真が撮れました。

注:主任警部モース=主任モース、新米刑事モース=新米モースと記載しました。またドラマのタイトルはルイス警部はAXNミステリーの邦題、新米モースはWOWOWの邦題を記載しました。

・アシュモレアン博物館(主任モース、ルイス警部ロケ地)
世界最初の大学博物館。多岐にわたるコレクションが魅力的です。特に陶磁器や食器(テーブルコレクション)の充実ぶりには目を見張りました。もっとじっくり見たかったな。ルイス警部では何度もロケ地になっています。
IMG_1508.jpg

・パオロ・ウッチェロ作「森の狩」(同博物館収蔵品)
ルイス警部「許されざる嘘」で事件解決のヒントとなった作品。他にもドラマに出てきた作品はありますが、きちんと確認できたのはこれだけ。
IMG_1509.jpg

・リージェントパーク・カレッジ
新米モース「家族の肖像」に登場したムーンライト・ルームズというクラブのロケ地。三日月の飾りがないと普通に大学の校舎です...。クラブにしようなんて誰のアイデアだったんでしょうね(笑)。
IMG_1511.jpg

・大学事務局(ウェリントン・スクエア)
ルイス警部ロケ地で、警察署として撮影されています。主任モースの頃は実在する警察署(後述)でロケしていたそうですが、ルイス警部では撮影許可が下りなかっため、他の場所を利用することになったようです。
IMG_1515.jpg

・Eagle and Child
主任モース、ルイス警部ロケ地となったパブ。
IMG_1519.jpg

・The White Horse
主任&新米モース、ルイス警部ロケ地となったパブ。
IMG_1520.jpg

中にはキャストの写真が飾られています(上:ルイス警部 下:新米モース)
IMG_1523.jpg
IMG_1522.jpg

今回個人的に「新米モースに登場するサーズデイ警部補(ロジャー・アラム)が座っていたところに座る!」というミッションを課していたのですが、先客がいてずーっと動く気配がなく、結局あきらめました。うぬう。(ビール1杯で30分も粘るなよ!と、ジュース1杯で30分粘った私が心の中で毒づいたことはここだけの話...)

店内。この時はたまたまお客が少なめでした。とても雰囲気のいいパブです。私はアルコール飲めませんので、クランベリージュースを頼みました。
IMG_1528.jpg

・キーブル・カレッジ
新米モース「家族の肖像」ロケ地で、今回の宿泊場所です。カレッジでは、休暇中空きのある学生寮をB&Bとして貸し出しているところがあり、キーブルもその一つです。たまたま私の滞在時に空き部屋があったこと、私の大好きなエピソード「家族の肖像」のロケ地だったこともあり、B&Bを予約してみました。予約はすべてオンラインで可能です。

大学に到着したら、まずはポーターズ・ロッジ(受付)でチェックインし、鍵を受け取ります。鍵はかなり大きくしっかりした作りのもので、なんと3本もあります。中に入り、まずは建物に入る時に1本使用。自分の部屋のある階まで階段でのぼり、廊下に続くドアのところでまた1本使用。最後に自分の部屋のドアを開けるのに1本使用。厳重です。外出するときは自分で持ち歩かなくてはいけないので、ちょっとどきどきでした。

カレッジの建物。チャペルもあります。オックスフォードでは唯一レンガ造りのカレッジだそうです。色合いがとても気に入りました。庭も美しいです。芝生が目に痛いほど。「家族の肖像」は季節が冬で、雪がかなり降っていたので、ドラマの風景とは似ても似つかないのですが。
IMG_1532.jpg
IMG_1531.jpg

部屋に備え付けのお茶セット。コーヒー、紅茶、ハーブティー、ホットチョコレート(これはうれしい!)、そしてビスケット。ロンドンの中級ホテルよりも内容が充実していました。
IMG_1530.jpg

部屋は一人で泊まるにはかなり広く、設備も充実しており(テレビはないが無料Wifiとバスセットあり)、大満足です。中庭に面した部屋とそうでない部屋があり、前者の方が後者より10ポンド程度高いのですが、景色が素晴らしいので、予算があえば中庭の部屋をお勧めします。

荷物を置いて外を軽く散策しましたが、まだ明るい...!その日は、敷地内の礼拝堂で18時からEvensongs(夕の祈り)があるというので参加することに。夕の祈りとは、その名の通り夕刻に行われるキリスト教のお祈りの時間です。正直言いますと細かい作法などは門外漢なのですが、その場で式次第が印刷されたプリントをもらえるので、それを見ながら見よう見まねで参加しました。中は撮影しませんでしたが、大変荘厳で、歴史を感じさせる建物でした。この日は水曜日で、夕の祈りでは聖歌隊も参加。合唱は素晴らしかったです。教会って、音がよく響くように設計されているんですね。聖歌隊の人数は15人ほどなのに、何十人もの人が歌っているかのように聞こえました。すっかりモースの世界に入り込んだ気分でした。

夕の祈りが終わった後もまだまだ明るい!ので、部屋で一休みした後、気になっていたライブイベントOxford Puntに行くことに。このイベントは、市内のライブハウス4か所で同時に開催される新人ミュージシャンのショーケースイベント。行く途中で観光スポットを通り過ぎたので、そこで撮った写真を一気にご紹介します。空は晴やかに澄み渡り、最高の天気でした。

ラドクリフ・カメラ
IMG_1535.jpg

溜息橋
IMG_1534.jpg

ニュー・カレッジ・レーン
IMG_1540.jpg

ケンタッキーで食事をすませた後、Oxford Puntの会場の一つへ向かい、お目当てのバンドを待ちました。

Oxford Puntのチラシ
IMG_1544.jpg

ライブハウス・The Cellars
IMG_1543.jpg
聞いたのは1つだけですが、なかなかよかったです。こういうイベントから、世界に羽ばたくアーティストが出現したりして。演奏が終わるころには、あたりはすっかり暗くなっていました。夜のオックスフォードもおつかなと思い、カレッジに戻る途中で1枚パチリ。

IMG_1545.jpg

ぶらぶらと夜のオックスフォードを歩きながらカレッジに戻り、1日目が終了したのでした。
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

Yururi

待ってました! オックスフォード編
スルーされる予定だったみたいですが、リクエスト多数によりあげていただいたみたいで、よかったです (๑˃̵ᴗ˂̵)و

カレッジに宿泊されたんですね。素敵です〜
私も次回(があれば)ぜひ、真似してみたいと思います。
2013年の時と比較しても、確実にモース(ルイス)度が高くなってますね(笑)
当然ですが、私が行った所と重なる部分も多いので読みながらニマニマしてます。
2日目も楽しみだ(←なにげにプレッシャーかけてますか、もしや?)

by Yururi (2015-08-16 23:55) 

Ocicat

こんにちは。
オックスフォード編有難うございます。無理にお願いした様でスミマセン。
やはりのどかで良さそうな街ですねぇ。 
街角でルイスとハサウェイと出会いそうな・・・・ 行ってみたいです。が・・・・
大学のドミトリーって部外者も泊まれるんですね。 雰囲気を味合うだけでも良い経験をなさったと羨ましいです。

所で一つ質問なんですけど、ハサウェイが何時も歩きタバコをしていて 時には吸い殻をポイ捨てしたりしているのを見て疑問に思っていた所なんですが。
昨今世界的に喫煙者には厳しい状況の中、オックスフォードは寛容なんでしょうか? それともドラマの中だけの設定なんでしょうか?
変な事が気になっています(汗)。

by Ocicat (2015-08-20 17:01) 

riek

*Yururiさん

いやどうも恐れ入ります。私が撮った写真は1度リサイズしないとブログに載せられないので、それがちょっと手間だったんですね。でもリクエスト多数だったのでがんばりました!(笑)。

カレッジのB&B、お勧めです。常に空いているわけではないので、こればっかりはタイミング勝負ですが。話によると、ここの食堂はハリー・ポッターの大食堂の第一候補だったそうですが、カレッジが側が断ったためクライスト・チャーチの食堂になったそうです。断った理由は「観光地にはなりたくない」という学校側の意向だったようですが、新米モースの撮影を受け入れたのは何か変化があったのでしょうかね。

私は不器用で一度に二つは追えないので、今回はモース&ルイス多めになりました。2日目も今とりかかっています、もうしばらくお待ちください。書き始めたら予想以上に記憶を呼び起こせたので、書いてよかったです。ありがとうございます。

by riek (2015-08-21 23:17) 

riek

*Ocicatさん

これまた恐れ入ります。いえいえ、リクエストは歓迎ですよ♪物書き冥利につきるというものです。

そうですね、オックスフォード、落ち着きがあっていい街だと思います。お金と時間があれば、語学学校に通いながらしばらく生活してみたいものです。ドミトリーは本当によかったですねぇ。はるばると行った甲斐がありました。

タバコポイ捨て事情はどうなんでしょう。確かイギリスは屋内全面禁煙なので、吸うとしたら外になります。それを考えるとポイ捨て率は高いかもしれませんね。罰金とかないのでしょうか。罰金あったらハサウェイは大変なことに...!。あ、だからルイスが拾ってあげてるのかも。部下思い(笑)。

by riek (2015-08-21 23:40) 

mymy

わぉ~~!
いいな、いいな、寮に泊まれるなんて素敵♪
B&Bって、朝食は学食ですか?
聖歌隊にパブ、モースと遭遇出来そうですよね~~♪
グーグルマップにアクセスして机上じゃなくてPC上を歩きました。

ニューカレッジレーンの写真でアナカンを思い出しました。
ここではガイとジャドと美少年たちに会えそうな~~♪

写真のルイスとハサウェイ、若いですね?
次回オンエアはどんなかしら、早く見たいですけどいつのことやら。。。

先ずはオクスフォード2日目、楽しみに待ってます!


by mymy (2015-08-22 20:52) 

riek

*mymyさん

はい、今回の旅行でも5本の指に入る体験でした。朝食は学食と一緒なのかな?そうだったらうれしいですけど。早めに予約すれば、夕食も食べられるそうです。

確かに歩いてるだけでひょっこり誰かに会えそうですよね。実際私が行った時は新米モースの撮影期間でしたが、タイミング悪く撮影現場には遭遇しませんでした。でもタイミングさえ合えば...!

アナカン、オックスフォードでしたっけ?失念してました。見直さなくては。モーリスのケンブリッジは気にしていたのですが。

次回オンエアは、日本では早くても来年でしょうね。本国とあまりずれることなく観せてほしいものです。

2日目、ちょっとペースが遅くなってますが、今しばらくお待ちください。リクエストありがとうございます。

by riek (2015-08-25 00:20) 

いととて

アシュモレアン博物館に2時間以上いたのに、 「森の狩」を見落としてしまいました。最後にショップに寄ったら、 「森の狩」コーナーがあって、マグカップやらスカーフやらたくさんのグッズがあってシマッタ!と思ったのですが、なにせバスの時間が迫っていて・・・。

夜のオックスフォードはほんとに暗くて、夜道に慣れていない事もあり、クライスト・チャーチの聖歌隊の合唱は泣く泣くあきらめました。

モースやルイスのイメージを描いて行ったので、表通りの車と工事の騒音にビックリしましたが、横道に入ったとたん馴染みの静けさが待っていました。どこを切り取っても画になる街ですね。
by いととて (2015-11-23 16:05) 

riek

*いととてさん

意外と広いですから、なかなか見つけにくいですよね。私は何か別の作品を見落としました。ショップにそんなコーナーあったんですね。それも見逃しました。

合唱聞けなかったのは残念ですが、夜道に不慣れなら正解でした。無理なさらなくてよかったと思いますよ。

私が行った時も工事やってましたが、まだやってるんですね。かなり大がかりな再開発なのでしょうか。静かになったころまた訪れる機会があるといいなと思います。

by riek (2015-11-27 07:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。