So-net無料ブログ作成
検索選択

ローレンス・フォックス出演の舞台『The Patriotic Traitor』、2月17日に開幕。 [etc, etc.]

ローレンス・フォックスとトム・コンティが共演する舞台『The Patriotic Traitor』。2月17日に公演が開幕しました。ローレンスの事前のTVやラジオ出演が功を奏したのか、チケットは開幕前に売り切れ。劇場側が追加のチケットを出しましたが、そちらもすぐに売り切れたようです。おめでたい!

第一次大戦では戦場の英雄だったが、第二次大戦では対独協力派となったフィリップ・ペタン(トム・コンティ)。一方第一次大戦時はペタンの部下であったが、第二次大戦ではレジスタンスに転じ、フランスドイツの占領から解放したシャルル・ド・ゴール(ローレンス・フォックス)。この二人には親子愛にも似た友情があったのに、互いに祖国を思った結果、第二次大戦では道をたがえてしまう。ド・ゴールは終戦後英雄となってフランスに戻ったが、ペタンはナチス・ドイツに協力した罪で裁かれる身に。しかし、祖国の危機であるのに、国を離れてレジスタンスとなったド・ゴールが裏切り者ではないと言えるのか?再会した二人の間に去来するものは...。と私の拙ない文章で恐縮ですが、これは本当に見ごたえありそうです。ううう、観たい。それではツイッターに流れている写真からいくつかご紹介します。
リハ写真から:


こちらが公演ポスター:


実際の舞台でのフォトコールより:


ローレンス、本当に軍服がよく似合います♡♡(本人曰く「どうやってもドイツの独裁者みたいになっちゃうんだけど...」ですってw)(トム・コンティ、こんなに恰幅よくなってたんだ・・・ぼそっ)

この辺は余談ですが、ローレンスの奥さんのビリー・パイパーと弟のジャック・フォックスがすでに観劇している模様。それから25日がプレスナイトです。各紙の批評を待ちたいところですが、小さい劇場と言えども全公演ソールドアウトなので、評判がよければ勢いをかってウェストエンドで再演→NT Liveの目に留まって映画館で上映...なんてことにならないかと妄想しています。DVD化については演出家のジョナサン・リンにツイートで尋ねてみましたが、「基本劇場での公演は映像化に向かないので...」とのことでした。しかし他の方へのツイートのリプでは「でもいつか映画は撮ってみたいね」とも言っているので、長い目で期待したいです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

hedgehog

riekさん

ローレンス、本当に軍服がよく似合いますね〜。おかげで「刑事フォイル」ではとんでもない役を振られてしまった気もしました。美形すぎるのも大変ですね。

それはさておき(?)、『The Patriotic Traitor』はとってもおもしろそう! 内容が内容だけに英語字幕すらない状態で観るのは私にはキツそうなので、ウェストエンドで再演→NT Liveの目に留まって(日本の)映画館で上映、という流れを激しく所望します♡
by hedgehog (2016-02-24 20:46) 

riek

*hedgehogさん

きゃーうれしいコメントありがとうございます♡軍服が似合うのは、やはりあの顔立ちと背の高さでしょうね。ルイス警部に出る前は、ポッシュな役か軍人の役がほとんどでした。「刑事フォイル」の役は、個人的には演技がよくて好きなんですが、ローレンス以外の人だったら到底好きになれないキャラです(笑)。

>『The Patriotic Traitor』はとってもおもしろそう!

またまたうれしいお言葉を!時代設定もテーマもすごく好みなので、本当になんとか観られないものかと考えています。私のチケットで観にいかれた方によると、テーマがシリアスなせいか登場人物のセリフをコミカルにしており、とても面白かったと言っていました。

いあまたある作品の中からNT Liveに選ばれるのは至難の技と思いますが、何とかそこを乗り越えて...とりあえず目指すはウェストエンド!

by riek (2016-02-26 08:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。