So-net無料ブログ作成

5/9. ケンブリッジにて『Dear Lupin』鑑賞。 [Trip to UK 2015]

ツイッターなどではちょこちょこ発信していましたが、5月にローレンス・フォックス追っかけツアー(イギリス・アイルランド)に行ってまいりました。今回はローレンスのライブがメインでしたが、ライブレポについては別ブログをご参照ください。こちらのブログではその他について書いていきます。

さて5月7日にロンドンに到着し、5月8日にアイルランドのリムリックでローレンスのライブを鑑賞。興奮の一夜が明け、早朝シャノン空港からスタンステッド空港に向かいました。この日は元々『Dear Lupin』というお芝居を観る予定で、当初ロンドン市内→ケンブリッジで移動の予定だったのですが、8日にリムリック行を押し込んだ結果、スタンステッドから直接ケンブリッジに向かうことに。電車で30分くらいしてケンブリッジ駅に到着。

実はケンブリッジ、駅からCity Centreまでいけば何とかなると思ってまったく下準備をしなかったのですが、それが間違いの元でした。駅についてバスに乗ったはいいものの行き先が反対で、途中で気づいて下車することに。降りたところでうろうろ歩き回ったけど、結局バスで駅まで戻って正しい行き先のバスに乗り直し...てなわけで結構疲れてしまいました。正しいバスに乗ればなんてことなかったのにね。一日切符を買っておいて本当によかったです。

気を取り直してCity Centre。ケンブリッジはオックスフォードと並んで歴史のある大学の街、というイメージを持っていたのですが、City Centreはかなり近代化?が進んでいる印象を受けました。よく言えば明るくて華やか。ショッピングモールの他、ZARA、H&Mなどの店舗もありました。時々由緒正しそうな古い建物にも出くわしますが、それが郵便局だったりします。肝心の劇場(Cambridge Art Theatre) の場所を確認するためにさらに歩き、青空マーケットの横を通り、無事に劇場を発見。そこから少し歩いてようやくキングスカレッジを拝むことができました。でも中の見学は有料だったため、外から写真だけ。

IMG_1447_re.jpg

開場までは時間があったため、イタリアンのチェーンレストランZizziでランチを。ここのパスタはおいしいです。写真はミントティー。なんと葉っぱが丸ごと入ってます!

IMG_1449_re.jpg

道の途中で芝居のチラシを発見。ただ貼ってあるだけなのに、なんでこんなに絵になるんでしょう。

IMG_1450_re.jpg

写真を見ればわかるとおりこの日は天気が不安定で、一時雨がざーっと降り、気温がかなり低かったです。そのため土産物屋を少しうろうろした後は、劇場向かいのカフェでお茶しました。その後、ようやく開場時間となったので劇場へ。Cambridge Art Theatreはとてもこぢんまりとした劇場で、舞台も幕が真紅というところに古めかしさを感じました。でも舞台と客席が近くてよかったです。

この日鑑賞した『Dear Lupin』は、イギリスでベストセラーになった『Dear Lupin...: Letters to a Wayward Son』を舞台化したものです。日本では今年『定職をもたない息子への手紙』という邦題で翻訳本が発売されました。邦題の通り、定職につかない息子に父親が折々に送った手紙をまとめたもので、息子が手紙のそれぞれに短いコメントを寄せています。父親の周りに登場する人物が多く、私などは途中でこんがらがったりしましたが、父親が競馬記者で新聞でコラムを書いていたということもあり、文章が面白かったです。

定職をもたない息子への手紙 (一般書)


そしてこの芝居を演じたのがジェームズ・フォックスとジャック・フォックス。そう、今回の旅の目的でもあるローレンス・フォックスの父親と弟です。父親と息子の話を実際の親子が演ずるという点にも興味があったのですが、舞台はすごく面白かったです。特にジェームズ・フォックスが上手い。間の取り方が絶妙で、彼がセリフを一言言うと客席がどっと沸く、という感じでした。ジャックもなかなかでした。見かけは兄よりたくましいですかね。かっこよかったです。エルビス・プレスリーの真似が妙に印象に残っています。

ストーリーは、途中までは笑いも多くほのぼのモードだけど、終盤ちょっとしんみりするあたりのバランスがよかったかな。私の理解力が正しければ、脚本の後半はオリジナルだと思うのですが、それが功を奏したように思います。原作ではそこまで面白さを感じなかったので。そうそう、この舞台、ウェストエンドのアポロ・シアターで上演が決まったそうです。おめでとうございます!

終演後に出待ちをしようかと思ったのですが、ロンドン行の電車に間に合わないといけないので、後ろ髪をひかれながら劇場を後にしました。この後は前日に引き続き、再びローレンスを観に行きました(VE 70: A Party to Remember)。これについては稿を改めます。

『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』、AXNミステリーにて再放送中&本国ではシーズン9の撮影中。 [etc, etc.]

イギリスITV制作の人気刑事ドラマ『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』、現在AXNミステリーで再放送中で、6月に入ってシーズン5となりました。今は平日の夜の放送で、シーズン8まで放送されます。まだ観てないから観ようかな~と思われた方は、どうぞお見逃しなく。

以下番組紹介ページです。放送予定はスケジュール欄でご確認ください。

AXNミステリー - オックスフォードミステリー ルイス警部

オックスフォードの街にルイス警部が帰ってくる!相棒ハサウェイと共に、複雑に入り組んだ難事件解明に挑む本格ミステリー!(以上上記ページ内のイントロダクションより引用)

『Inspector Morse/主任警部モース』ではモースの部下だったルイス(ケヴィン・ウェイトリー)が、警部となってオックスフォードに戻ってくるというスピンオフ作品。見どころはハサウェイ刑事(ローレンス・フォックス)とのコンビ愛(笑)と、オックスフォードの街並み、それから豪華なゲスト陣と言えましょう。さすがにシリーズ8まで来ると二人の関係や立場にもかなり変化が起きていますので、お時間があればシリーズ通して観ていただければと思います。

さてシーズン8の後はと言いますと、シリーズ9の制作が決定し、現在オックスフォードを中心に撮影に入っています。私は先月少しだけオックスフォードにいたのですが、残念ながら撮影には間に合いませんでした(Endeavourチームとも遭遇しませんでした。無念)。S8で警部に昇進したハサウェイ役のローレンス・フォックスが時々現場からツイートなどしてくれています。

こんなのとか↓(ワンコはローレンスの愛犬Baxter)



こんなのとか↓



もーなんなんでしょーねーこの仲の良さは!(笑)。これ見る限り、コンビは安泰のようです。S9が楽しみです(AXNミステリーさん、もちろん期待していいんですよね?どうぞよろしくお願いします)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。