So-net無料ブログ作成
検索選択

英国大使館大使公邸にて開催された「ハートオブイングランド・レセプション」に参加。-その2- [etc, etc.]

前回に引き続き、イギリス中部のバーミンガムとその周辺地域の観光情報を提供する「ハートオブイングランド・レセプション」というイベントについてレポします。今回はイベント後半の立食パーティの模様を英国大使館大使公邸内の写真と共にお届けします。まずは大使公邸ですが、入ってすぐ右のところにこんな素敵な階段が!ドレスを着た貴婦人が今にも降りてきそうです。
IMG_2241.JPG

左手にはエリザベス女王とウィリアム王子他の写真。調度品も格調高し。
IMG_2240.JPG

こちらは上が写真のコラージュ(大使館関係者の写真でしょうか)、下が若き日の女王の写真。
IMG_2242.JPG

こちらは女王の肖像画。映画『クイーン』の中で肖像画を描かせているシーンを思い出しました。肖像画の他にも、たくさん絵が飾られています。
IMG_2174.JPG

続きまして立食パーティの写真。まずはどどんとスモークサーモン!おかしらつきです^^
IMG_2222.JPG

こちらは手前がシェファーズパイ、奥がフィッシュアンドチップス。両方ともいいお味ですが、特にフィッシュアンドチップスは後引く美味しさ。お代わりしてしまいました。
IMG_2225.JPG

こちらはバルチと呼ばれる英国式インドカレー。バーミンガム名物だそうです。一口サイズで食べやすかったです。
IMG_2249.JPG

こちらもどどんとフルーツ。美味でした。
IMG_2250.JPG

シェフの姿もお見かけしましたが、大使館の料理人でしょうか?^^ 食事はどれも美味しく、大変満足でした。食後に紅茶をいただけたらプラスでしたね。

暗くていい写真は撮れなかったのですが、奥にテラスがあり、そこから中庭を眺めることが出来ました。昼間で晴れていたらさぞ美しかったと思います。ガーデンパーティなどもできそう!パーティは8時半で終了し、名残惜しみながら大使公邸を後にしました。

大使館の建物外観。暗くてすみません。
IMG_2238.JPG

最後におまけの1枚。シェイクスピア仕様のテディベアとお風呂に浮かべる用アヒル。先にツイートしたところ、VisitBritainのオフィシャルツイッターにリツイートされたこともあるかと思いますが、自分史上最高のリツイート数を記録しました(爆)。特にアヒルちゃんのインパクトが大きかったようです。イギリスに行かれる予定の方、お土産に一ついかがでしょうか?
IMG_2251.JPG

今回のイベントは英国アンバサダープログラムに登録したことで参加の機会に恵まれました。プログラムについてはこちらをご参照ください。2016年5月31日まで受け付けています。うちのブログに足を運んでくださるブロガーさんにはピッタリかと思いますので、ご興味があればぜひ。

英国大使館大使公邸にて開催された「ハートオブイングランド・レセプション」に参加。-その1- [etc, etc.]

先日、イギリス中部のバーミンガムとその周辺地域の観光情報を提供する「ハートオブイングランド・レセプション」というイベントが英国大使館大使公邸で開催されました。主催は英国政府観光庁、バーミンガム観光局、バーミンガムエアポート、シェイクスピアのイングランドおよびトルコ航空です。英国政府観光庁が実施している英国アンバサダープログラムに登録している私、このイベントの案内が届いたので申し込んだところ、なんと!抽選で招待されました♪そこで当日の様子を写真を交えて簡単にご紹介します。

英国アンバサダープログラムについてはこちらをご参照ください。2016年5月31日まで受け付けています。うちのブログに足を運んでくださるブロガーさんにはピッタリかと思いますので、ご興味があればぜひ。

「ハートオブイングランド」とは、バーミンガムとその周辺のエリアを指すそうですが、実は私はバーミンガムには行ったことがありません。そこで自分との接点を探して下調べをしたところ、ミュージシャンではデュラン・デュラン、エディターズ、俳優ではマーティン・ショー、エイドリアン・レスターがかの地の出身であることがわかりました。いきなり親近感がわきますね。マーティン・ショーは『孤高の警部 ジョージ・ジェントリー』、古くは『特捜班CI☆5』等でおなじみの方もいらっしゃるかと思います。エイドリアン・レスターは、私は未見ですが『華麗なるペテン師たち』で主演を務めた方です。昨年日本でも上映されたNT Live『オセロ』でオセロを演じた方でもあります。この二人は今年の5月にロンドンで行われた「VE DAY 70: A Party to Remember」という大型イベントに参加しており、当日会場にいた私はお二人の生の演技を拝見しています。奇遇と言えば奇遇。以上余談でした。

さて当日は、小雨の降る中大使館に赴きました。都心の一等地に驚くほどの広さの敷地。さすが英国大使館!受付をすませて大使公邸に向かい、中に入るともうそこは別世界。すべてが格調高いです。あちこちにロイヤルファミリーの写真や肖像画が飾ってありますが、この辺は次回以降の記事でまとめて取り上げます。

イベント会場。シャンデリアが豪華。
IMG_2168.JPG

プレゼンが始まるまでウェルカムドリンクをいただいて待っていたのですが、ウェイターさんが何人もいてすごい。本当に立派なレセプションです。近くにいた同じくアンバサダーの方と少しお話しながら待つこと30分くらい?いよいよスタートです。

まずは英国政府観光庁日本代表アシュリー・ハーヴィー氏の挨拶。
IMG_2210.JPG

次にバーミンガムとストラットフォード・アポン・エイボンの見どころがスライドで紹介されました。
IMG_2211.JPG

紹介されたバーミンガムの特色:

・産業都市としての古い歴史がある
・イギリスで唯一バレエ団(バーミンガム王立バレエ団)と交響楽団(バーミンガム市交響楽団)の両方を持っている
・ミシュランの星がついたレストランが多い
・徒歩20分圏内にショップが約2000あるため、ショッピングにはとても便利、等々

こちらはストラットフォード・アポン・エイボンのスライド。RSCの劇場だったかな?
IMG_2214.JPG

紹介されたストラットフォード・アポン・エイボンの特色:

・バーミンガムから電車で約1時間
・文豪シェイクスピアの出身地、来年は没後400年のため様々な記念行事が予定されている
・シェイクスピアの生家や夫人アン・ハサウェイのコテージなど縁の地を巡ることができる、等々

さすがシェイクスピア生誕の地。大好きなロジャー・アラムがRSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)の出身なので、もし彼が出演した舞台のアーカイブが観られるなら、次回の旅行先に入れてもいいかな~と思い始めているところです。

この春実際にバーミンガムに行かれた方々のトーク
IMG_2216.JPG

見ているうちにいろいろと興味が沸いてきました。プレゼンはコンパクトにまとまっており、よかったのではないでしょうか。ただ、この後の立食パーティはよいとしても、プレゼンの時は少しでもいいので椅子が欲しかったですね。だってウェルカムドリンクからレセプション終了までずっと立ちっぱなしでしたもの...。

あちこちにあった「~と言えばGreat 英国」の文字
IMG_2235.JPG

こちらの伯爵と令夫人は観光大使でしょうか?それは無敵かも(^^)
IMG_2247.JPG

室内ではイギリス製品も紹介されていました。こちらはバーミンガムのジュエリー・ブランドDeakins & Franciのカフリンクス。独特のデザインが目が惹かれます。バーミンンガムは貴金属の供給地としても有名だそうですね。キラキラ好きの私にとってははずせないスポットがあるかも。

IMG_2176.JPG

IMG_2177.JPG

上のユニオンジャックのカフリンクス、公式サイトで確認したら1組のお値段がなんと42,120円!ひゅー。こちらも公式サイトの情報ですが、Deakins & Francisは2015年春、正式に日本市場に上陸したそうです。

次回は立食パーティの様子をご紹介します。

『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』、AXNミステリーにて再放送中&本国ではシーズン9の撮影中。 [etc, etc.]

イギリスITV制作の人気刑事ドラマ『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』、現在AXNミステリーで再放送中で、6月に入ってシーズン5となりました。今は平日の夜の放送で、シーズン8まで放送されます。まだ観てないから観ようかな~と思われた方は、どうぞお見逃しなく。

以下番組紹介ページです。放送予定はスケジュール欄でご確認ください。

AXNミステリー - オックスフォードミステリー ルイス警部

オックスフォードの街にルイス警部が帰ってくる!相棒ハサウェイと共に、複雑に入り組んだ難事件解明に挑む本格ミステリー!(以上上記ページ内のイントロダクションより引用)

『Inspector Morse/主任警部モース』ではモースの部下だったルイス(ケヴィン・ウェイトリー)が、警部となってオックスフォードに戻ってくるというスピンオフ作品。見どころはハサウェイ刑事(ローレンス・フォックス)とのコンビ愛(笑)と、オックスフォードの街並み、それから豪華なゲスト陣と言えましょう。さすがにシリーズ8まで来ると二人の関係や立場にもかなり変化が起きていますので、お時間があればシリーズ通して観ていただければと思います。

さてシーズン8の後はと言いますと、シリーズ9の制作が決定し、現在オックスフォードを中心に撮影に入っています。私は先月少しだけオックスフォードにいたのですが、残念ながら撮影には間に合いませんでした(Endeavourチームとも遭遇しませんでした。無念)。S8で警部に昇進したハサウェイ役のローレンス・フォックスが時々現場からツイートなどしてくれています。

こんなのとか↓(ワンコはローレンスの愛犬Baxter)



こんなのとか↓



もーなんなんでしょーねーこの仲の良さは!(笑)。これ見る限り、コンビは安泰のようです。S9が楽しみです(AXNミステリーさん、もちろん期待していいんですよね?どうぞよろしくお願いします)。

『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』、AXNミステリーが1月よりシーズン4~8を放送&シーズン1~3を1月2日、3日に一挙再放送。 [etc, etc.]

ITV製作の人気刑事ドラマ『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』、AXNミステリーではシーズン1~3まで放送されていましたが、いよいよシーズン4~8の放送が決定しました!(来年1月より)シーズン4、5は以前チャンネル銀河で放送されましたが、6、7、8は今回が日本初放送となります。やほーーーー!AXNミステリーさん、本当にありがとうございますっ!!

また1月2日、3日にシーズン1~3の一挙再放送があります。以下番組紹介ページです。放送予定はスケジュール欄でご確認ください。

AXNミステリー - オックスフォードミステリー ルイス警部

オックスフォードの街にルイス警部が帰ってくる!相棒ハサウェイと共に、複雑に入り組んだ難事件解明に挑む本格ミステリー!(以上上記ページ内のイントロダクションより引用)

『Inspector Morse/主任警部モース』ではモースの部下だったルイス(ケヴィン・ウェイトリー)。しばらく海外にいたルイスが、警部となってオックスフォードに戻ってくる...という設定です。新たな相棒ハサウェイ(ローレンス・フォックス)は、ケンブリッジ大卒業後に神学校に進んだけれども、結局刑事になったインテリくん。知的という点ではモースといい勝負でしょうか。最初はまじめないい子ちゃんだったハサウェイが段々ルイスに感化されていき、二人が名コンビになっていく過程が面白いです。

ちなみにハサウェイ演じるローレンス・フォックスは私のイチオシの俳優さんです。父がジェームス・フォックス、おじがエドワード・フォックス、兄弟がジャック・フォックス、従兄妹がエミリア・フォックス、フレディ・フォックスと俳優一族の出身。ハンサムで声(特に低音)も素敵です♪ギターピアノもでき、シンガーソングライターでもあります。来年ニューアルバム発売予定です。ギターは『ルイス警部』の中でも弾いています。

『ルイス警部』の放送がようやく本国イギリスに追いつくことになり、こんなにうれしいことはありません。これを機会に、多くの方に観ていただけるといいなーと思います。

『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』、AXNミステリーにてシーズン1~3を11月&12月に再放送。 [etc, etc.]

イギリスで絶大な人気を誇るITVの刑事ドラマ『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』、明日からシーズン1~3の再放送がAXNミステリーで始まります。以下番組紹介ページです。放送予定はスケジュール欄でご確認ください。

AXNミステリー - オックスフォードミステリー ルイス警部

オックスフォードの街にルイス警部が帰ってくる!相棒ハサウェイと共に、複雑に入り組んだ難事件解明に挑む本格ミステリー!(以上上記ページ内のイントロダクションより引用)

番宣映像はMy J:COM内の番組紹介ページで観ることができます。

[字]オックスフォードミステリー ルイス警部 #1

『Inspector Morse/主任警部モース』ではモースの部下だったルイス(ケヴィン・ウェイトリー)が、警部となってオックスフォードに戻ってくるというスピンオフ作品。新たな相棒ハサウェイ(ローレンス・フォックス)とのコンビがとても魅力的です。#1ではモースへのオマージュも隅々にまで感じられるので、モースファンの方は必見と言えましょう。バディ好きな方にもお勧めです。

AXNミステリーさんは何度かS1~S3は再放送してくださるのですが、そろそろその後のシリーズも放送していただきたいですね。本国イギリスではまもなくS8の放送が終わってしまいますから...!日本だけがいつまでも取り残された状況にならないよう、なにとぞよろしくお願いします。

『Lewis/ルイス警部』と『Foyle's War/刑事フォイル』、AXNミステリーにて再放送。 -Laurence Fox- [etc, etc.]

『Inspector Morse/主任警部モース』のスピンオフ作品『Lewis/ルイス警部』の再放送がAXNミステリーで始まっています。モースの部下だったルイスが警部になり、新たな相棒ハサウェイと共にオックスフォードで難事件を解決していく物語。ルイスとハサウェイのコンビが人気となり、ハサウェイはローレンス・フォックスの当たり役となりました。イギリスでは来月10日からS8の放送が決定しています。日本も続きを早くお願いします!放送予定は下記番組紹介ページでご確認ください。はっ、S1は終わってしまいましたね…すみません、すみません。

オックスフォードミステリー ルイス警部

また、第2次世界大戦中のイギリスを舞台にしドラマ『Foyle's War/刑事フォイル』も再放送が決定しています。特に9月27日は「最強悪人列伝」という特別企画で、『刑事フォイル』の中から悪役が印象的な3作品が放送されることになっています(他にシャーロック・ホームズ3作品、『刑事コロンボ』から3作品放送)。その中にローレンス・フォックスが出演した「作戦演習」がエントリー!ローレンスが演じたサイモン・ウォーカーは「ナチス崇拝者の美しき御曹司」と紹介されています(*^^*)。放送時間は以下でご確認ください。 10月からは、S1~S5の再放送も決まっています。

AXNミステリー - 刑事フォイル

かっこいいんだけど時々おちゃめで可愛いハサウェイと、美しいけどどこか狂気をはらんだ御曹司サイモン・ウォーカーをどうぞお楽しみください。

『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』AXNミステリーにてシーズン1~3を7月に再放送。 [etc, etc.]

ITVの人気刑事ドラマ『Lewis/オックスフォードミステリー ルイス警部』。先日までシーズン1~3がAXNミステリーで放送されていましたが、今月再放送が決まりました。以下番組紹介ページです。放送予定はスケジュール欄でご確認ください。

AXNミステリー - オックスフォードミステリー ルイス警部

オックスフォードの街にルイス警部が帰ってくる!相棒ハサウェイと共に、複雑に入り組んだ難事件解明に挑む本格ミステリー!(以上上記ページ内のイントロダクションより引用)

『Inspector Morse/主任警部モース』ではモースの部下だったルイスが、警部となってオックスフォードに戻ってきます。尊敬するモースの死と最愛の奥さんの事故死を経て、ずいぶん感じが変わってしまいましたが、新たな相棒ハサウェイとのコンビがだんだん面白くなっていくところが見ものです。時々ルイスのキャラがモースを彷彿とさせるところもあり、苦笑してしまうこともありますが。原作者監修では仕方ないですかねー。それともITVのそこはかとない意向でしょうか。んでもってハサウェイは不思議ちゃんですけど、見ていて楽しいです。最初はあんまり表情がないですが、だんだん可愛くなります。コンビものが好きな方が観れば、きっとファンになります(笑)。

ちなみに第一作はモース終了してから約6年後?に製作されました。ルイス役のケヴィン・ウェイトリーのインタビューによると、スピンオフのオファーはあったけれど、ルイスは主役を張るキャラではないと何年も断っていたのだそうです。ただ、ずっとオファーがあったことと、第一作目が放送されたときの高視聴率を考えると、視聴者側にルイスのその後が観たい!と願望があったことは容易に想像できます。最後にはやる気になってくれたケヴィンに感謝です。後、ハサウェイ役のローレンス・フォックスはケヴィンの推薦でオーディションに呼ばれたのだとか。そんな小話もおいおい拾って生きたいと思います。

とりあえずモース&ルイス好きな方、オックスフォード好きな方はお見逃しなく。

『Foyle's War/刑事フォイル』、S2 Ep3「作戦演習」にLaurence Fox出演。-AXNミステリー- [etc, etc.]

第2次世界大戦中のイギリスを舞台にした刑事ドラマ『Foyle's War/刑事フォイル』。現在AXNミステリーで放送中のシーズン2にローレンス・フォックスの出演回があります。タイトルは「作戦演習」(第3話)。以下番組紹介ページとドラマの概要です。

AXNミステリー - 刑事フォイル

世界が戦争と向き合っていた時、一人の刑事は美しい街で起こる事件と闘っていた―。「名探偵ポワロ」「バーナビー警部」の脚本を手がけたアンソニー・ホロヴィッツが創り上げた、英国の国民的人気シリーズ。(以上上記ページより引用)

ローレンスはSimon Walker役で出演します。どんな演技を見せてくれるのか非常に楽しみです。シーズン2になっても面白さが増すばかりの『刑事フォイル』、視聴可能な方はぜひ一度ご覧になってみてください。「作戦演習」の放送予定は以下のとおりです。

14/06/25(水)20:00 第003話 「作戦演習」
14/06/28(土)25:00 第003話 「作戦演習」

『Lewis/ルイス警部』、Laurence Foxがシリーズ8の撮影終了をツイート。 [etc, etc.]

イギリスITVの人気刑事ドラマ『Lewis/ルイス警部』。現在AXNミステリーでシリーズ3を放送中ですが、本国ではシリーズ7まで放映されています。シリーズ7で一旦終了という悲しい話もありましたが、今年になってITVがシリーズ8の製作を発表!(喜)それを受けて、つい先日までオックスフォードで撮影が行われていました。その様子をハサウェイ刑事役のローレンス・フォックス(@LozzaFox)が時々ツイートしていたのですが、昨日クランクアップを知らせるツイートを流してくれました。




これ本当にいい写真ですねー♪息ピッタリの名コンビ。お疲れ様でした!!翻って日本ですが、AXNミステリーでの放送は今のところシリーズ3まで。以前放送していたチャンネル銀河でもシリーズ5までしか放送されていないとか。なんなんでしょうね、この内外格差は!!ぜえはあ。とりあえずどこでもいいですから、シリーズ7までよろしくお願いします…。放送がいつかもわからないのに、こういう記事を書き続けるのは辛いので。願いをこめてエントリー書きました。

余談ですが、ローレンスがツイートの中で”Donald"と書いているのはルイス警部役のケヴィン・ウェイトリーのことです。ローレンスのインタビューによると以前アメリカの空港でファンに声をかけられた時、その人がケヴィンのことをDonald Whatelyと呼んでいたそうで、それ以来ケヴィンのことをDonaldと呼ぶようになったらしいです。そのファンには訂正をしなかったそうですよ(爆)。ああ、お茶目でかわいいな、ローレンス。

BBC Radioの長寿番組『Desert Island Discs』のご紹介。 [etc, etc.]

ずっと書いていると思っていたのに書いていなかったので、今日はこの番組を紹介します。BBC Radioで70年以上に渡って放送されている長寿番組、『Desert Island Discs』。これは企画もので、各界著名人を招いて次の質問をし、その答えを元に会話を展開していくというものです。質問とは-「あなたが無人島に置き去りにされるとしたら、何を持っていきますか?」以下公式サイトのアドレスです(現在はRadio 4で放送中):

BBC Radio 4 Desert Island Discs 

公式サイトによると、番組が始まった当初は「蓄音機とたくさんの針があるという前提で、8枚レコードを選んでください。」という内容で、現在は音楽(8曲)、本(1冊)、贅沢品(1つ)となっています(持参してよい固定アイテムはシェークスピア全集と聖書。贅沢品は無生物かつ脱出などに使えないもの)。現在オンラインで聴けるのは1975件、ダウンロードできるのは1972件!すごい!

番組の進行はプレゼンターがゲストに生い立ちを聞くところから始まり、本人が選んだ曲を紹介していきます。(本人は選んだ理由を語らなくてはいけません)。曲と曲の合間に現在のキャリアや生活などについて聞いていくという感じです。結構いろんな話を聴けますし、中には胸にせまるエピソードを聴けることがあります。音楽の嗜好からご本人の素顔が垣間見えてとても楽しいですよ。登場する人物のジャンルは演劇・映画・ラジオ界、文学界、音楽界、政界・公共系等多岐にわたります。FAQsによると、出演者を選ぶ基準は「その業界で重要な役割を担い、喜んでシェアしてくれる物語を持っており、Radio 4の聴取者にアピールする人物」であること。選ばれた人だけが出演できるのですね。在イギリスの友人によると、この番組に出演するということは大変名誉なことだそうです。

今回はこの中からうちのブログ向きの俳優さんを取り上げることにしました。一番古くて25年くらい前までさかのぼっています。以下リンクを貼っておきますので、どうぞご利用ください。リンク先に飛ぶとオンラインで聴取&mp3のダウンロードが可能です(PCのみ)。itunesユーザーの方はポッドキャストでも聴くことができます。Desert Island Discsで検索してみてください。うれしいことに全部無料です!ありがとうございます、BBC!!

マーク・ゲイティス (2011年)
エマ・トンプソン(2010年)
デヴィッド・テナント(2009年) 
マーティン・ショー (2009年)
コリン・ファース(2005年) 
ビル・ナイ(2004年) 
イアン・マッケラン(2003年) 
ユアン・マクレガー(2001年) 
ジュディ・デンチ(1998) 
ケヴィン・ウェイトリー(1996)
ヒュー・グラント (1995)
ジョン・ソー(1991)

特に気になる俳優さんについては、別ブログで詳しく取り上げるかもしれません。あまり期待しないで気長にお待ちください(笑)。私が全部聴いているのは今のところマーク・ゲイティスだけですが、とても感動的ないいインタビューでした。

余談:モンティ・パイソンのジョン・クリーズは、1997年に出演した回で贅沢品に「マイケル・ペイリンの剥製」(Michael Palin - stuffed(!))を選んでいます。いやまあ確かに無生物ではありますが。一体どうするんでしょう。そんなにペイリンのこと愛してるのかしら?後で聴いてみようっと(笑)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。