So-net無料ブログ作成
検索選択
Cabin Pressure (Series3) ブログトップ
前の10件 | -

S3Ep6 "St Petersburg"、BBC Radio 4 Extraにてオンデマンド配信中。 [Cabin Pressure (Series3)]

あああ、またもや告知が遅くなりすみません…。BBCの人気ラジオドラマ『Cabin Pressure』、現在BBC Radio 4 ExtraでSeries 3 Ep6 "St Petersburg"を再放送をオンデマンドで配信中です。番組サイトはこちら:

BBC Radio 4 Extra - Cabin Pressure -

上のページでオンデマンドを今日から数えて3日間くらい聞くことができます(日本からはパソコンからのアクセスのみ可能)。BBCの紹介文によると「ウォッカと無用心な鳥がMJN Airの終わりを告げるのか。そしてキャロリンが元夫と再会する時、あたりは凍りつく。」という感じ?今回GERTIEが事故でダメージを受け、会社は存亡の危機に瀕してしまいます。飛行機の売却交渉をするために、やむなく元夫に会うことになるキャロリンですが…。なんとアーサーのパパ登場です!でもかなり困った人で、言ってはなんですがどうしてこの父からこんなにいい息子が生まれたのだろう?と思ってしまうくらいです。MJN Air最大の危機を4人は乗り切れるのでしょうか!?

そうそう、このEpについてはジョン・フィネモアがブログでネタバレ記事を書いています。ご興味ある方はこちらの記事をどうぞ。拙訳つきです。

John Finnemoreのブログ翻訳。-グース・スムージーがいっぱい。

ちなみに私の訳「グース・スムージーがいっぱい」は古い映画のタイトル「太陽がいっぱい」にかけているのですが、お気づきになった方はいらっしゃるでしょうか…。映画好きなジョンへのトリビュートもこめています。

では残り時間が少ないですが、どうぞお聞きのがしなく。そして次の週からはSeries 4の再放送ですよ!イエーイ!(マキシ風でどうぞ)【4/4追記】Series 4Ep1のTimbuktu、すでに再放送&オンデマンドが始まってました。お詫びして訂正いたします。

S3Ep5 "Rotterdam"、BBC Radio 4 Extraにて再放送。 [Cabin Pressure (Series3)]

告知が遅くなりすみません。BBCの人気ラジオドラマ『Cabin Pressure』、現在BBC Radio 4 ExtraでSeries 3 Ep5 "Rotterdam"を再放送中です。番組サイトはこちら:

BBC Radio 4 Extra - Cabin Pressure -

上のページでオンデマンドを今日から数えて6日間くらい聞くことができます(日本からはパソコンからのアクセスのみ可能)。BBCの紹介文によると「ライフジャケット、カメラ、そしてアクション。スターダムに上れるのはクルーの中で一人だけ。最後に笛を吹くのは誰?ベストが似合うかな?」という感じでしょうか。今回クルーはMJN Airの機内安全ビデオを作ることになるのですが、緊張してあわあわ言っちゃうマーティン、女王様みたいな話し方になってしまうキャロリン、台本どおりにしゃべれないアーサー、そして一番うまくしゃべれそうだけどただでは動こうとしないダグラス…マーティンはなんと代役まで立てられそうになるし、ダグラスはキャロリンという強力な後ろ盾を持つライバル・ハークの登場で美声合戦をするはめに。ビデオは無事に完成するのでしょうか!?

もうあらすじだけでも面白そうですよね。実際面白くて、大好きなエピソードの一つです。今までチャンスを逃していた方はこの機会をお見逃しなく。

S3Ep4 "Ottery St Mary"、BBC Radio 4 Extraにて再放送。 [Cabin Pressure (Series3)]

BBCの人気ラジオドラマ『Cabin Pressure』、今週BBC Radio 4 Extraで再放送されるのはSeries 3 Ep4 "Ottery St Mary”です。番組サイトはこちら:

BBC Radio 4 Extra - Cabin Pressure -

スケジュールは下記のとおりです。

イギリス時間: 3月16日(日)22:30~(日本時間:翌日17日(月)の7:30~)

放送後は上のページでオンデマンドを1週間聞くことができます(日本からはパソコンからのアクセスのみ可能)。BBCの紹介文によると「ヴァンで荷物を運ぶ男マーティン。かわうそを乗せて飛行機を飛ばすダグラスに、羊恐怖症のパイロットとデートにでかけるキャロリン。そして二つの謎が解ける-キャロリンの犬の名前と、"Yellow Car"のルール。」という感じ?今回は怪我をして一人ではヴァンの仕事ができないマーティンを、ダグラスとアーサーが助ける話なのですが、道中てんやわんやの大騒ぎ。そこにキャロリンとハークのデートが絡んできます。劇中ではダグラス、そしてエンディングではボーイズの歌声を聴くことができるおいしいエピソードです。

この作品も脚本家でアーサー役のジョン・フィネモアが、自身のブログで作品解説・裏話等を書いています。過去記事で日本語訳をそえて紹介していますので、興味のある方はこちらのエントリーもどうぞ(かなりネタバレあり)。

John Finnemoreのブログ翻訳。-「Jelly Babies を手動設定」する方法がわかればなあ。- 

それから、今回のエピソードではアーサーが「Yellow Car」というゲームをやるのですが、アーサー自身(!)が解説した動画がありますので、こちらも合わせてどうぞ。英語ですが、とても聞き取りやすいので、がんばってください。これであなたも「Yellow Car」のエキスパート!

How to play 'Yellow Car'


未聴の方はこの機会にぜひお聴きになってみてください。

S3Ep3 "New Castle"、BBC Radio 4 Extraにて再放送。 [Cabin Pressure (Series3)]

BBCの人気ラジオドラマ『Cabin Pressure』の再放送、まだまだ続きます。今回BBC Radio 4 Extraで再放送されるのはSeries 3 Ep3 "New Castle”です。番組サイトはこちら:

BBC Radio 4 Extra - Cabin Pressure -

スケジュールは下記のとおりです。

イギリス時間: 3月9日(日)22:30~(日本時間:翌日10日(月)の7:30~)

放送後はBBCサイトで1週間リピート放送を聞けます(日本からはパソコンからのアクセスのみ可能)。BBCの紹介文によると「今回のドラマには愛があふれている-といっても舞台はバーミンガムの小さな空港であるが。マーティンはキャリアとロマンスと小さな尾灯の修理との狭間で揺れうごき、アーサーは初めて遊んだゲームに飽き飽きする一方、キャロリンは颯爽としたパイロットに出会うのであった。」という感じ?今回はダグラスのエア・イングランド時代の同僚で友人(宿敵?)、ハーキュリー・シップライト機長が初登場です!このエピソードの後もたびたび登場し、特にキャロリンと絡んできます。演じるのは『バフィー 〜恋する十字架〜』、『魔術師マーリン』で有名なアンソニー・ヘッド。ダグラスとの意地とか見得の張り合いも相当楽しいので、ご注目ください。なお、この回はベネディクト・カンバーバッチが声の不調で出演できなかったので、トム・グッドマン・ヒルがマーティン役をつとめています。

この作品も脚本家のジョン・フィネモアが、自身のブログで作品解説・裏話等を書いています。過去記事で日本語訳をそえて紹介していますので、興味のある方はこちらのエントリーもどうぞ(ネタバレなしです)。

John Finnemoreのブログ翻訳。-New Castle- 

そうそう、記事にするタイミングを逃してしまいましたが、Zエピソードのレコーディング、無事に終了したようですね。収録後に撮影されたと思しき出演者の写真がジョンのブログにアップされています。放送時期はまだ未定ですが、恐らくSeries 4の再放送をやった後の放送かな、と個人的には思っています。完成したからには早く聴きたいですが…BBCさん、どうぞよろしくお願いします。

ではしばし再放送をお楽しみください!

S3Ep2 "Paris"、BBC Radio 4 Extraにて再放送。 [Cabin Pressure (Series3)]

BBCの人気ラジオドラマ『Cabin Pressure』、Series 3 Ep2"Paris”がBBC Radio 4 Extraにて再放送されます。番組サイトはこちら:

BBC Radio 4 Extra - Cabin Pressure -

スケジュールは下記のとおりです。

イギリス時間: 3月2日(日)22:30~(日本時間:翌日3日の7:30~)

放送後はBBCサイトで1週間リピート放送を聞けます(日本からはパソコンからのアクセスのみ可能)。BBCの紹介文によると「高級なウィスキーが盗まれた時、マーティンはMJN Airのミス・マープルに、アーサーは片腕のドクター・ワトソンとなる。第一容疑者ダグラスは捜査を妨害しようと…」という感じでしょうか。シリーズをずっと聴いている方にはおなじみの、バーリング・デイのエピソードです。ベネディクト・カンバーバッチ演じるマーティンが、”S”ばりの推理をするところが聴き所。

脚本家のジョン・フィネモアが、自身のブログで作品解説・ネタバレ等を書いています。過去記事で日本語訳をそえて紹介していますので、興味のある方はこちらのエントリーもどうぞ(盛大にネタバレしてますのでご注意ください)。

John Finnemoreのブログ翻訳。-脚本のト書き:ディン!ディン!ディン!- 

どうぞお楽しみに!

S3Ep1 "Qikiqtarjuaq"、BBC Radio 4 Extraにて再放送。 [Cabin Pressure (Series3)]

ベネディクト・カンバーバッチがMJN Airのドジな機長マーティンを、ロジャー・アラムが皮肉屋の副操縦士ダグラスを演じて大好評のBBCのラジオドラマ『Cabin Pressure』。この度Series 3 Ep1"Qikiqtarjuaq”がBBC Radio 4 Extraにて再放送されることになりました。番組サイトはこちら:

BBC Radio 4 Extra - Cabin Pressure -

スケジュールは下記のとおりです。

2月23日(日)22:00~(イギリス時間。日本時間では翌日24日の7:00~)

放送後はBBCサイトで1週間リピート放送を聞けます(日本からはパソコンからのアクセスのみ可能)。BBCの紹介文によると「北極の近くを飛ぶMJN Air。今回はホッキョクグマとぼっちなレモン探しが繰り広げられる。」という感じでしょうか。今回はマーティンがかなり痛い目をみますが、それがまた楽しいです♪

なお、このエピソードから脚本家のジョン・フィネモアが自身のブログで作品解説・ネタバレ等を書き始めました。過去記事で日本語訳をそえて紹介していますので、興味のある方はこちらのエントリーもどうぞ。

John Finnemoreのブログ翻訳。-僕たちの白熊。または僕たちのホッキョクグマ。- 

これ以降も恐らく同じ時間帯でEp6まで放送されると思うので、まだお聴きでない方はこの機会にお聴きになってみてください!

John Finnemoreのブログ翻訳。-グース・スムージーがいっぱい。- [Cabin Pressure (Series3)]

再びジョン・フィネモアのブログの翻訳をお届けします。元記事はこちらになります。『Cabin Pressure』S3Ep6の"St.Petersberg"の話です。いろいろネタバレしていますので、OKの方のみ(続きを読む)からどうぞ。ご指摘、ご意見等はコメント欄までよろしくお願いします。

続きを読む


John Finnemoreのブログ翻訳。-「Jelly Babies を手動設定」する方法がわかればなあ。- [Cabin Pressure (Series3)]

久々にジョン・フィネモアのブログの翻訳をお届けします。いずれ遠くないうちに『Cabin Pressure』 Series 3の再放送があるかと思いましたので。元記事はこちらになります。S3EP4の"Ottery St Mary"の話です。かなりネタバレしていますので、ご注意ください。ご指摘、ご意見等はコメント欄までよろしくお願いします。なお、一部自信のないところは赤字で表記しました。

続きを読む


John Finnemoreのブログ翻訳。-New Castle- [Cabin Pressure (Series3)]

久々にジョン・フィネモアのブログの翻訳です。元記事はこちらになりますS3Ep3の"New Castle"の話です。今回はネタバレがないので、そのまま載せますね。ご指摘、ご意見等はコメント欄までよろしくお願いします。心温まる出演者たちのチームワークにも触れられています。

最新のエピソードNew Castleについてちょっとだけ書くね(ここから聞けるよ)。短くてごめん、でも僕にも生活があるんだよ。

毎シリーズ、2話と半分を組み合わせたようなエピソードよりも大変で、頭をかきむしっちゃうようなエピソードが1つはあるんだよね。シリーズ1で言うとCremona。プロットを28分に収めるのに、四苦八苦したよ。シリーズ2ならKuala Lumber。正直言って、今もきちんと仕上がっているとは思えない。このシリーズだと、New Castle。問題はいつも同じで、プロットが長すぎること。結果として、9,000語の大作を5,600語程度に収めなきゃいけなかった。ことのほかNewcastleはうまくまとめられなくて、今週はカットした部分が部屋の床にいっぱい散らばってたよ。遅まきながら僕は気付いたんだ、何がいらいらするかって、問題は完璧なエピソードが2つ作れる程の素材だったってこと - 1つはハークとリンダが飛行機に乗ること、もう一つはマーティンがエンジニアに嫌われること。それはおいといても、ゲストに余裕を持たせるどころか、3人の素晴らしいゲストを1つのエピソードに詰め込むことになっちゃって、とても残念だったよ。はああ。次から気をつけなくちゃ(無理か。)。ちょっとネガティブに聞こえるかもしれないけど - このエピソードも大好きだよ。

【riekのコメント】えええ、そうするとカットされた残りの3,400語はどこへ…というかどんなネタですか、ジョン…すっごく気になります。私を寝させないつもりですか?(笑)

そして何より、レコーディング当日の朝、ベネディクトのエージェントから電話があって、申し訳ないけどベネディクトの声が全然出ないって言うんだ。(他のエピソードを聞いても、調子悪そうなのがわかるよね)そこで、偉大なトム・グッドマンヒルに喝采を-彼の仕事は素晴らしかったと思うよ、単なるベネディクトのコピーじゃなかったし、それでいて不自然さも感じられない。そしてベネディクト、ロジャー、ステファニーにも喝采を - 3人が次のOttery St.Maryのマーティン出演シーンのレコーディングをやり直すことに快く同意してくれたから、6つのエピソードのうち5つはベン・マーティンになったんだ。みんな最高でしょ?アーサーの言うとおり、他のみんなが最高だ。

【riekのコメント】いい話ですよねぇ…そして本当にみんないい人!Hooray!!

そうそう、アーサーと言えば。モノポリーゲームを少し紹介するね。(注:未発表シーン含む)

CAROLYN: He also once did a deal whereby he gave Martin Mayfair, so long as he was also allowed to give him the Electric Company. 彼は以前、マーティンに電力会社をあげることを認められたら、メイフェアをあげる取引もしたのよ。
ARTHUR: Well, I kept having to times things by four! That’s not fun, that’s maths! Anyway, I’m still playing! だって、ずっと4倍にし続けなくちゃいけないんだよ!そんなのつまんない、算数じゃん!とにかく、ぼくはまだ遊んでるの!
CAROLYN: Of course you are. Indeed it’s your go. そうだったわね。あなたの番よ。
FX: DICE THROWN サイコロが振られる
ARTHUR: Twenty-forth go in jail. Are you sure I can’t just pay fifty pounds to get out, Herc? 24、「刑務所に入れ」。50ポンド払って刑務所からでるっていうのはだめかな、ハーク?
HERC: You wanted to be the little dog. 子犬になりたかったんだろ。
ARTHUR: I’m always the little dog. ぼくはいつも子犬だよ。
HERC: And everyone knows the little dog can’t pay to get out of prison. You just have to wait till you get a Get Out Of Jail Free card. 子犬は金を払って刑務所を出ることはできないんだ。「釈放」カードを手に入れるまで待たなきゃ。
ARTHUR: But how can I get one when I’m in jail? でも、刑務所にいるのに、どうやったらそのカードを手に入れられる?
HERC: Well, that’s exactly why you should never be the little dog. そこが君が子犬じゃないところだ。

【riekのコメント】この"You wanted to be the little dog" "I’m always the little dog."がどうしてもよくわからないので、そのまま訳してみましたが。モノポリーの駒のことを言ってるんでしょうか?それとも、どっさりカットされてしまったネタの中に、これに通じる会話があったのかしら…。もし何かご存知の方がいたら、ぜひご教授いただきたく。それから、記事の一番最後に画像が載っているのですが、よーく見たらプロットメモでした。今の今まで見落としてましたよ…これがジョンのパソコンメモなんですね♪

John Finnemoreのブログ翻訳。-脚本のト書き:ディン!ディン!ディン!- [Cabin Pressure (Series3)]

ジョン・フィネモアのブログの翻訳です。元記事はこちらになります。S3EP2の"Paris"の話です。盛大にネタバレしていますので、ご注意ください。ご指摘、ご意見等はコメント欄までよろしくお願いします。(注:この記事は自動更新です。現在イギリス旅行中のため、コメントへの返事は帰国後になりますが、どうぞ私抜きで盛り上がってくださいませ♪)

続きを読む


前の10件 | - Cabin Pressure (Series3) ブログトップ