So-net無料ブログ作成
Benedict Cumberbatch ブログトップ

National Theater Live『Frankenstein/フランケンシュタイン』感想。 [Benedict Cumberbatch]

イギリス本国で大変高い人気を得ていた舞台、『Frankenstein/フランケンシュタイン』。それをデジタル映像化したものがNational Theatre Liveというタイトルでイギリス他の映画館で上映されていましたが、この2月にやっと日本にも上陸しました。

【以下海外ドラマNAVIのニュースより引用】
ベネディクト・カンバーバッチ&ジョニー・リー・ミラーが2役を交互に演じる衝撃作、舞台『フランケンシュタイン』スクリーン上映決定!!
<上映日>
日程A:2月14日(金),15(土),16(日),
日程B:2月21日(金),22(土),23(日)
【配役】
A:フランケンシュタイン博士:ベネディクト・カンバーバッチ、怪物:ジョニー・リー・ミラー
B:フランケンシュタイン博士:ジョニー・リー・ミラー、怪物:ベネディクト・カンバーバッチ

【あらすじ】
本作は、ビクター・フランケンシュタイン博士と、彼が生みだした怪物を描いた物語。その醜い容姿により人々から迫害された怪物は、博士に自分を受け入れてくれる"パートナー"を創り出すよう求めるが...。

ネット上でベネディクト・カンバーバッチが演じる怪物(以下クリーチャー)がすごいと評判でしたので、日程Aを1回、日程Bを2回観ました。以下簡単ですが感想を記したいと思います。(はっきりとわかるネタバレはなし)

【全体】
この作品はメアリー・シェリーの原作小説『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス』を舞台化したものです。私はどちらかというと事前に予習はしないほうなのですが、舞台だとどうしてもセリフ以外の情報が乏しくなるので、今回は原作を読んでのぞみました。舞台の脚本は無駄な部分はすっきりと省いているものの、おおむね原作に沿った印象。でも現代の観客にも受け入れられるよう、丁寧にアレンジがほどこされていました。

私が一番好もしいと思ったのは、作り手がクリーチャーに投げかける優しいまなざしです。原作ですと、クリーチャーはありとあらゆる人に受け入れられず、まったく救いのない状態に置かれていますが、この脚本はクリーチャーに人とのふれあいを与えています。もちろんそうすることで、その後に起こる出来事の悲劇性を高めるという効果もあるのだと思いますが、私は作り手がクリーチャーに対してシンパシーを感じ、彼を受け入れてくれる人間と出会わせたかった、いい夢を見せてやりたかったのだと思いたい。またこれにより、観客もよりクリーチャーに感情移入しやすくなったのではないかと思います。

一方フランケンシュタイン博士ですが、こちらは原作よりもさらに人情味が欠ける男性に描かれています。愛よりも科学技術を信じている様子です。そうすることで博士とクリーチャーの対比-愛を知らぬ博士と、自分を生み出した人間に愛されたかったクリーチャー-がくっきりと浮かび上がり、二人が向かい合う場面が見せ場となります。

一つ残念だったのは、博士と婚約者エリザベスの描写。エリザベスはこの脚本では原作にない役割を持つため、その分かなり重要さが増すはずなのですが、博士との関係がかなりあいまいにされたため、いろんなことがわかりにくくなったように思います。ここをもっと上手く処理できていれば、ひっかからずに前に進めてよかったのですが。

【配役:A 感想】
なんといってもジョニー・リー・ミラーが演じるクリーチャーにつきます。このクリーチャーが持つ、どこかもろくて頑是無い様に思い切り引き込まれ、150%くらいシンクロしていたかもしれません。始まって30分くらいでハンカチを手にし、終わりまでほとんど涙が止まりませんでした。もうどうしようもなくかわいそうで…私が友達になりたかった。一人で観ていたら、おいおい声を上げて泣いてましたね。クリーチャーがだんだん知識を得ていく過程が『アルジャーノンに花束を』(知的障害を持つ主人公チャーリーが実験で高いIQを得る話)のチャーリーにダブったせいもあるかもしれません。あの話にも大変弱いものですから。

ベネディクト・カンバーバッチが演じる博士、これがまた憎いほどぴったりでした。頭の出来はいいけれど傲慢で、情にも薄くて。人としては壊れた感じが素晴らしかったです。と言うわけで、この時点で私は断然A派。自分が漠然と持っていたイメージにしっくりきました。鑑賞後は激しく消耗して疲れましたけど…。

【配役B: 感想】
上に書いたとおり、ベネディクトが演じるクリーチャーがすごいという話を聞いたので、こちらは2回観ました。逆の配役というのも大変興味深く、こちらのクリーチャーもまさに熱演。肉体美、身体能力の高さ、舞台に響き渡る声など、堪能しました。ただ、自分でも不思議なのですが、ジョニー版のように激しく感情移入することはありませんでした。完全に神の視点で観ていました。うーんなんでしょうね。この作品については、ジョニーの方が自分にはぴったりなんだ、としか言いようがありません。2回目も印象はほぼ変わりませんでした。

ジョニー演じる博士、こちらはベネディクト版よりもお堅い印象。突き抜けた印象がないため、博士が持つ狂気が感じられにくく、いま一つ印象が薄く感じられました。声の抑揚などが時々クリーチャーとかぶり、一体感が感じられたので、そのあたりはよかったと思います。

というわけで私個人の感想では圧倒的にAに軍配が挙がりました。もちろんこれだけの役者さんが演じたのですから、どちらが上とか言うことではなく、単に趣味の問題だと思うのですが。ご覧になられたみなさまの感想はいかがだったでしょうか。

『パレーズ・エンド』字幕版、WOWOWプレミアにて放送。 [Benedict Cumberbatch]

ベネディクト・カンバーバッチ主演の恋愛ドラマ、『パレーズ・エンド』がWOWOWにて再放送されます。前回は吹替えだったのですが、今回は日本語字幕です!うれしいですね。ベネディクトは2人の女性の間で揺れるクリストファー・テージェンスを演じます。また、ロジャー・アラムがカンピオン将軍役で出演しています。ラジオドラマ『Cabin Pressure』の迷コンビが同じ画面に映るシーンもあり、CPファンには別の意味でおいしい作品となっています。放送予定は以下のとおりです。

#1 出会い 9/23(月・祝)午前10:30
#2 約束 9/23(月・祝)午後0:05
#3 再会 9/23(月・祝)午後1:40

あらすじ等は以下でどうぞ。

WOWOW公式サイト
http://www.wowow.co.jp/
ベネディクト・カンバーバッチ主演「パレーズ・エンド」
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102363/

個人的には冒頭からクリストファーの言行不一致ぶり(要するにキャラクターに一貫性がない)に感情移入できなかったのと、あまりに予定調和がすぎて物語に乗り切れなかったこともあり、ハンサムなベネディクトと軍服姿のロジャーさんを愛でるだけとなっておりますが…(あっ、でも俳優陣の演技は素晴らしいです。特にレベッカ・ホールが演じたシルヴィアはよかった。いい意味で期待を裏切ってくれたのは彼女だけかも)。しかしながら折々に映しだされるイギリスの風景が大変美しく、それだけでも一見の価値はあるかと思います。

以下余談になりますが、この作品は1964年にBBCのミニ・シリーズとして製作されており、今回製作されたのはいわばリメイクになるんですね。1964年の版はかのジュディ・デンチがヴァレンタインを演じていますが、DVDのパッケージを見る限りどう見ても彼女が主役に見えます。かわいいけど、なんとも意志が強そうなヴァレンタイン…。

Parade's End

http://www.barnesandnoble.com/w/dvd-parades-end-judi-dench/25719557?ean=883929329359

ベネディクト・カンバーバッチお出迎え in 成田レポ。 [Benedict Cumberbatch]

昨日はとても楽しかったけど、今日はぐったり気味のriekです。仕事休みにしておいて本当によかった…朝は情報番組の『スッキリ!』でベネディクト生出演を待機&チェック。『スッキリ!』なかなかよかったです。缶バッジつけたベネディクト、なんていい人…。その後お昼を食べながらニコニコ動画で記者会見鑑賞…あ、私のパーソナルライフはどーでもいいですね。すみません。ところでニコ動すごかったです!時間が短くなったのは残念でしたが、ベネディクト本当にかっこよかった!(見かけシャーロックみたいだったし…)セットも映像も通訳さんもすごかったし、☆7つつけます。とりわけベネディクトが壁中に流れるユーザーからのリアルコメントに、ビシビシ反応してくれたのがうれしかったです。ベネディクトが"We love you JJ"と打ち込むように指示したら、壁いっぱいにメッセージが…!JJ、見たら泣くでしょうな。そしてどアップで映った時の一つ一つの表情…参りました。大満足の40分でした。幸せ。ニコ動さん、幸せを本当にありがとう。

では覚書程度ですが、昨日のお出迎えレポです。私が成田に到着したのは10時過ぎ。第一ターミナル・南ウィングの到着ターミナルに向かうと、もうそこにはかなりの人が!列で数えると私は7列目くらいだったでしょうか。直後に友人と合流し、立ったままおしゃべりして時間つぶし。11時過ぎごろに空港職員から「今待っているところからは出てきません」とのアナウンスがあり、「えーーーーーーっ」といっせいに悲鳴があがりました。その後、「別のところに移動していただきます。待っていた順番もあるでしょうから、まずは1列目と2列目の人、係りの指示に従って移動してください」的な言葉があり、みなさん粛々と移動開始(笑)その後も2列ずつ移動。普段は入れないようなプライベートジェット専用出口?にでも入れてくれるのかしら…と一瞬思いましたが、何のことはなくてちょっと場所がズレただけでした(笑)でも横に長く広げてくれたおかげで、2列目になることができました。他にも「到着はまだまだ先ですから、食事や水分は交代できちんと取ってください」等々、時々ジョークも交えながらアナウンスをしてくださったり…係の方々は本当にグッジョブでした。ありがとうございます。

そしてご飯食べたりおしゃべりしながらまったりと待機。そうしているうちにどんどんマスコミも人も増えていきました。そしてある時点でまたスタッフから指示があり、「後ろの人が見えるように、前から4列目までは座ってください」とのこと。あのスペースで座りながら待つのはかなり大変だったのですが、でもみんながんばって座りました(おかげで今日も足が痛いよん)。周りを見ると、デコレーションしたうちわやHappy Birthdayと書いたボード、ベネディクトのお面などを持っている人がちらほら。みなさん、アイデアがすごいわー。そして手紙やプレゼントは係員が回収。誕生日が近いせいもあってか、かなりの量でした。「全部本人に届けます。本人がその後どうするかはわかりませんが」とコメントしてました(笑)

今か今かと待ちわび、15時半をまわったころ?ベネディクトがカジュアルな装いで登場!あたりは一瞬で黄色い声に包まれました。座ったポジションからでしたが、やはり距離が近かったので、わーっと手を振りながら表情をずっと見つめました。か、かっこいい…笑顔が本当にチャーミングで、顔もころころとよく動く!そして指揮者をまねてファンとコンタクトをとった後、ファンに向けてコメントを話し始めました。動画と発言(英語と摂訳)を一つ前の記事で紹介していますので、こちらをどうぞ。

そして笑顔を振りまき、手をたくさん振ってファンの前をゆっくりと歩いていきました。そして、マスコミのカメラが近い方でも立ち止まり、同じようなコメントを話しているようでした。その後マスコミのカメラの前で撮影。インタビューにも答え、時々ファンの方を振り向いたりして。もちろん「キャー!」の歓声があがりました。そしてマスコミ対応が終わると、去っていきました。正味10分もなかったと思いますが、あんなにきちんとコメントを話してくれたのは予想外で、私も胸を打たれました。普通ないですよね?おまけに、生声…すごい…破壊力半端ないです。解散後、友人とお茶してひとしきり盛り上がり、帰宅の途につきました。

現地にいらしたみなさん、お疲れ様でした。お行儀がよくて本当に感動しました。現地で対応されたスタッフのみなさん、見事な仕切りでした。ありがとうございました。そして素敵な思い出を残してくれたベネディクトに感謝します。多忙だとは思いますが、ぜひ日本滞在を楽しんでください!

Welcome back to Japan!!! [Benedict Cumberbatch]

今日ベネディクト・カンバーバッチを成田でお迎えしましたーーとってもお茶目さんでした。そして生声は想像以上に麗しかったです。詳しくは後ほど。一枚だけ撮れた写真アップします。
image.jpg

よりによってなぜこの写真しか撮れなかったんだろう…映画『Tommy』のTommy坊やみたいじゃないか。(いやもちろん彼なら素晴らしいTommyを演じてくれると思いますが)あわわ。ともあれ、無事に到着されて何よりでした。来てくれてありがとう!

【追記】同行者が撮影した動画をYoutubeにあげてくれたので紹介します。素晴らしくよく撮れています♪
【7/16追記】コメントの拙訳を追加しました(大意です)。
【7/16さらに追記】聞き取った発言(英語)を追加しました。後、訳も訂正しました。聞き取りはほぼ間違いないと思いますが、気になるところがあれば、コメント欄までお知らせください。

Benedict Cumberbatch at Narita airport on 7/15/2013


・発言(英語)[32秒あたりから]

"I just want to say to all of you. I'm sorry I can't come around and meet you all indivisually. I know how long some of you waited here. I'm very, very touched. See, when I get home, my mom and dad don't come and see me when I get to the airport. So that, all of you being here, is incredible. And I know people has come here since yesterday morning and uh...It's overwhelming, very very flattering. Thank you very, very much and please go and see the film I'm here to promote, "Star Trek Into Darkness", ok? Thank you so much. "

・発言(拙訳)

「ここに集まっているみなさんに伝えたいことがあります。今日は一人一人に会って話したりできなくてごめんなさい。でも、長い時間ずっと待ってくれた人がいるのは知っています。僕は本当に、本当に胸を打たれています。イギリスに戻って空港に着いても、父も母ももう迎えには来てくれません。だから、ここにいるみなさんが迎えに来てくれたなんて信じられないです。中には昨日の朝から来てくれている人もいますよね。感激で胸が一杯ですし、光栄に思います。本当に、本当にありがとう。今回僕がプロモーションをする『スタートレック・イントゥ・ダークネス』を、ぜひ劇場で見てください。本当にありがとう」

Benedict Cumberbatch、7月中旬に再来日決定! -Star Trek Into Darkness Promotion- [Benedict Cumberbatch]

ロジャーさんからの手紙の興奮が冷めやらず、すっかり乗り遅れてしまいましたが、さらにビッグなニュースが!ベネディクト・カンバーバッチが、映画「スター・トレック・イントゥ・ダークネス」のプロモーションで再来日を果たすそうです!!一連のイベントに関しては、公式Facebook公式Twitterで告知されるそうなので、皆様要チェックでございます。

12/3の成田でのお出迎えに参加し、500分の1として盛り上げ隊には一役買いましたが、今回もお出迎えできるのでしょうか…(ちなみに、かなり列の後ろにいたので、人と人の頭の間からちらっと顔が見えただけです。もうすでに幻だわ…)ご対面企画やら、舞台挨拶付き上映会やら、いろいろと大変なことになりそうですね。いつでも有給とれるよう、今から仕事を調整しなくては!

Broadcasting Press Guild Awards 2013 interview. [Benedict Cumberbatch]

先日授賞式が行われたBroadcasting Press Guild Awards、ベネディクトのインタビュー動画があったので紹介します。

Benedict Cumberbatch Interview - Sherlock Series 3, Star Trek, Parade's End


きゃー髪の色がシャーロック♪そして私は2:21あたりの表情が好きです…そして最後、まさかの投げキッス[ハートたち(複数ハート)]こちらこそありがとうです。本当におめでとう!

Broadcasting Press Guild Awards、『パレーズ・エンド』が圧勝! [Benedict Cumberbatch]

イギリスのジャーナリストやメディア関係者が優れた作品を選ぶBroadcasting Press Guild Awards、『パレーズ・エンド』が最優秀ドラマ賞、最優秀男優賞、最優秀女優賞、最優秀脚本賞を受賞しました!おめでとう!!いやー強いですね。詳細はこちらでどうぞ: 
The Hollywood Reporter ‘Parade’s End’ Wins Best Drama at U.K. Broadcasting Press Guild Awards

また、スポンサーのDiscovery Channel UKが、会場の様子や写真をツイートしています。
@DiscoveryUK
レベッカ・ホール
https://twitter.com/DiscoveryUK/status/312181987219755009/photo/1
ベネディクト・カンバーバッチ
https://twitter.com/DiscoveryUK/status/312186719611011073/photo/1
ベネディクト・カンバーバッチとトム・ストッパード
https://twitter.com/DiscoveryUK/status/312186805673926657/photo/1

【3/16追記】ロジャーさんも出席していました!(画像はZimbioより)
ロジャー・アラム
http://www.zimbio.com/pictures/Cor2kbaw8mP/Broadcasting+Press+Guild+TV+Radio+Awards/MxWX_jcP1AW
http://www.zimbio.com/pictures/Cor2kbaw8mP/Broadcasting+Press+Guild+TV+Radio+Awards/eSHte5JlDif
http://www.zimbio.com/pictures/Cor2kbaw8mP/Broadcasting+Press+Guild+TV+Radio+Awards/-79HBnjDQcv

ベネディクト・カンバーバッチ
http://www.zimbio.com/pictures/Cor2kbaw8mP/Broadcasting+Press+Guild+TV+Radio+Awards/G7-qSbU7qOC
http://www.zimbio.com/pictures/Cor2kbaw8mP/Broadcasting+Press+Guild+TV+Radio+Awards/P82HuYQH1zg

ロジャーさんとベネディクト(下の方へスクロールしてください)
http://cumberbatchweb.tumblr.com/

【3/25追記】Broadcasting Press Guildの公式サイトに、授賞式とレセプションパーティの写真が掲載されました。パレーズ・エンド組の集合写真があったり、ロジャーさん&デヴィッド・モリッシー&ベネディクトのスリーショット写真などもあります。

http://www.broadcastingpressguild.org/bpg-awards-2013-gallery/

年間ラジオ賞は『Soul Music』が受賞、CPは残念ながら逃してしまいました…。でもノミネートだけでも名誉なことだと思います。みなさん、本当にすばらしい作品をどうもありがとう!

『パレーズ・エンド』、WOWOWプレミアにて放送決定。 [Benedict Cumberbatch]

ベネディクトファンの間では前から話題になっていたBBCドラマ『パレーズ・エンド』、WOWOWプレミアでの放送が決定しました。4月27日(土)午後3:00~とのこと。詳細はこちら:

WOWOWプレミア ベネディクト・カンバーバッチ主演「パレーズ・エンド」

私は現在UK版のDVDを見ていますが、とにかく風景の映像がきれいです!筋を追わずにぼーっと見てるだけでもOKなシーンがいっぱいあります。クリストファー役のベネディクトは、背広がピシッと決まってかっこいいです。(よく泣くけど…)んでもってロジャーさんとのツーショットもあります。あまりCPのイメージはかぶらなかったのですが、二人が映るシーンにある名前が出てきたときは、「あっ、CPだ、やばい」と動揺してしまいました。あはは。

まだ1話と2話を見終わったところなので、全部見終わったらきちんとした感想を書こうと思いますが、イギリス好きでベネディクトファンなら、見る価値は十分あると思います。

ところで、上で紹介したWOWOWのページの下に関連情報があるのですが、予想通りロジャーさんの名前がありませんでした。でも出演してますので。るるるー(涙)

Benedict Cumberbatch、来日決定! [Benedict Cumberbatch]

そろそろCabin Pressure4の録音も始まるかと思われる今日この頃、ビッグなニュースが!Benedict Camberbatchが、映画「スタートレック」のプロモーションで初来日を果たすそうです!!(映画雑誌ムービースターのTweet等で確認できます)12/3のお出迎えに私も参戦の予定ですが、空港だから機長姿で現れてくれないかな…と無駄に妄想をふくらませております。(←バカ)それはともかく、少しでも歓迎の気持ちを示すことができたらと思います♪
Benedict Cumberbatch ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。